歴史繚乱ブログ

元禄事件(忠臣蔵)の考察、史跡廻りなど

韓国の歴史教科書「近現代史(文化③)1945年〜」

f:id:ohishimayu:20220415005830j:plain

f:id:ohishimayu:20220415010045j:plain

f:id:ohishimayu:20220415010114j:plain

f:id:ohishimayu:20220415010136j:plain

 

現代文化の成長と発展

国学研究の発展

 光復を迎え、わが国の学術界は自由な研究と教育活動を基礎に日帝植民地の残滓を一掃し、断絶した伝統文化を復元して現代文化との調和をつくり出す努力を傾けた。

 1950年代半ば以後、歴史学会、国語国文学云、韓国哲学会などが創立され、韓国学に関連した多くの研究業績が蓄積され始めた。特に、ハングル学会が日帝によって強制的に中断されていた『韓国語大辞典』を完成させ、国語の発展に貢献した。

 

(略)

 

西欧文化の受け入れと伝統文化の継承

 わが国の伝統文化は、日帝の弾圧と歪曲の中で破壊され、変質した状況で西欧文化が本格的に流入するなか、かろうじて命脈を維持した。

 

(略)

 

 さまざまに発展した私たちの大衆文化は、最近「韓流」という名前で日本、中国、東南アジアなどで旋風を巻き起こしている。大衆歌謡や映画に始まった韓流は、韓国の伝統文化が基盤となって成立したものである。

 

(略)

 

文明と開花

② 朝鮮は朝鮮文明の僕である。

朝鮮人のソウルか、日本人のソウルか。文明の利器である電話ひとつ見ても痛哭せざるをえない。電話だけだろうか。朝鮮内の鉄道、輪船、平らな大路、郵便、電信、このようなすべての文明の利器はそれを設ける費用と努力は朝鮮人が払い、その利用は日本人がする。……私たちは朝鮮の今日の、文明の主人ではなく僕である.朝鮮人よ、私たちはこの文明の主人となるべく全力を尽くそう。もしそうできないなら、いっそこれを壊してしまおう。<『東亜日報』1924.4.21> 

2.②が指摘する文明の利器が持っている問題点は何かについて討論してみよう。

ー『韓国の高校歴史教科書ー高等学校国定国史』(明石書店)よりー

 

 

日本の統治時代についての記述が1/3ページほどを占める高校歴史教科書「国史」。日本の終戦以後は全て「光復後〜」から始まる出だしです(笑)


>ハングル学会が日帝によって強制的に中断されていた『韓国語大辞典』を完成させ、国語の発展に貢献した。

韓国語辞典は日本統治時代に何度も発行されています。朝鮮最初の朝鮮語辞典は、1920年(大正9)に朝鮮総督府が発行した『朝鮮語辞典』です。その5年後の1925年(大正14)には京城師範学校の教師、沈宜鱗が『普通学校朝鮮語辞典』を発行しました。

統治時代の朝鮮人による朝鮮語研究は、正音派とハングル派の2つの派閥で対立していました。大倧教(*大倧教は民族主義的傾向の強い新興宗教団体です。朝鮮総督府の監視と弾圧から逃れるため本部を満州に移し、満州独立運動・抗日運動を展開しました)信者が多かったハングル派が朝鮮語学会を結成します。朝鮮語学会は民族主義的傾向の強い団体で満州に移った大倧教とも密に連絡を取り合う関係でした。朝鮮総督府が辞典の編集作業を中断させたのも治安維持の観点からです。朝鮮語学会事件(1942年)も満州治安維持法で検挙された大倧教と連動して行われたものです。

日本で2020年に公開された韓国映画「マルモイ ことばあつめ」。朝鮮語学会事件をベースに、朝鮮語が禁止された日本統治下で日本による弾圧にもめげず朝鮮語方言辞典の出版に奮闘する姿を描いた映画です。映画は全くのフィクションで事実ではありません。

朝鮮語辞典は日本統治下で何度も発行されています。朝鮮語の方言研究についても1924年(大正13)に設立された京城帝国大学で法文学部朝鮮語・朝鮮文学講座が設置され、研究は終戦まで進められ研究成果は何度も出版されています。

1945(昭和20)発行 河野六郎著『朝鮮方言學試攷』

1944(昭和19)発行 小倉進平著『朝鮮語方言の研究』

日本統治下で朝鮮語・ハングルは禁止されていません。↓は1945年(昭和20)8月14日の毎日新報(現:ソウル新聞)です。1941年(昭和16)の朝鮮半島での調査で日本語が「普通会話ができる」「やや解する」と答えた朝鮮人(*当時は日本人ですが、分かりやすいように朝鮮人とします)は16%です。残りの84%は日本語が理解できない、話せなかったということです。これで日本が朝鮮語・ハングルを禁止したといえるのでしょうか。

1945年8月13日付『毎日新報』

韓国の歴史教科書に左派(=従北・反米・超々々反日)色の影響が強く出ているのと同様、韓国社会全般、特に韓国映画界は左派思想の監督・俳優が多くその傾向が非常に強いと思います。

軍艦島」など分かりやすい反日映画だけではなく、「マルモイ ことばあつめ」を始めソン・ガンホ主演「密偵」「弁護人」「タクシー運転手 約束の海を越えて」、チョン・ウソン主演「鋼鉄の雨」「スティール・レイン」など左派の歴史認識に基づく映画が多数製作されています。

韓国映画は日本でも人気が高く、人気俳優を起用することで世界をマーケットとし輸出されています。韓国政府、韓国映画界がしかけている情報戦略(*彼らの言葉を借りれば情報工作)なのでしょう。韓国の誤った歴史認識が世界中で蔓延りそれが世界でも常識となる日が来るかも知れません。日本人も単純に娯楽だからだと片付けるのではなく、歴史に関心を持ち韓国のしかける策略に組み込まれることのないよう反論して欲しいです。

 

朝鮮内の鉄道、輪船、平らな大路、郵便、電信、このようなすべての文明の利器はそれを設ける費用と努力は朝鮮人が払い、その利用は日本人がする。

費用は日本人です!朝鮮は終戦まで万年赤字経営で内地日本からの補填で賄われました。朝鮮人所得税は併合から10年免除、小学校の教育費も10%負担(*90%は日本人負担)など朝鮮人への優遇制度は様々ありました。その分を負担したのは日本人です。

 

ブログにupした高校歴史教科書「国史」は2006年改訂版のものです。2015年改訂版の歴史教科書では↓のような変更がありました。

何でも現在の韓国の歴史教科書では朝鮮戦争の発端を「北朝鮮の南侵」とは教えていないそうです。仁川上陸作戦・中国軍参戦も削除…。朝鮮戦争北朝鮮・中国に忖度した新たなオリジナルストーリーになっているようです。

韓国左派がよく言う「南北が分断したのは日本のせい!」

ん…意味わからん(笑)。次の改訂版辺りぐらいからは南北分断の原因は日本というオリジナルファンタジーストーリーになっているかも知れません(笑)

 

韓国がひた隠しにしたい近現代史

・一戦も交えることなく日韓併合に調印したこと

・日本統治時代の近代化

・日本統治時代ほぼ全ての朝鮮人は日本に抵抗することなく平和で豊かな暮らしをおくっていたということ

・アジア・アフリカ諸国が独立戦争を起こし独立を勝ち取ったのに対しアメリカから棚ぼたで建国されたこと

韓国はこの歴史を粉飾するため捏造し虚飾まみれの建国神話というオリジナルファンタジースートーリを作りあげ生徒に教えるしかありません。と同時に教科書を読めば自然と反日にならざるを得ません。

北朝鮮・中国には忖度し、徹底的に嘘を教え込み反日を煽る韓国政府。これで日韓友好、歴史認識の共有など出来るのでしょうか。